FXでの取引について

FXとは円やドル、ランド円、ポンドなどの差益を利用し、利益を得ていく為替取引です。投資には株や外貨預金、先物取引など多岐に渡る商品がありますがFXはその中で、個人でも敷居が低く口座開設も簡単にでき、何と言っても少ない資金で投資が行なえる事からサラリーマンや主婦の方にも人気の投資方法です。

FX最大の特徴は「レバレッジ」と呼ばれる方法です。レバレッジとは、例えば手元に10万円あったとします。その10万円をレバレッジ10倍の商品があった場合、100万円として運用できるという事です。少ない資本で投資ができ、うまく立ち回れば莫大な利益を得る事ができるFXですが投資である限りリスクは付き物です。元本は保障されていませんし、例えばレバレッジを10倍で運用していた場合1万円の損失は10倍の10万円の損失となり、そのまま負債となり返済の義務が生じます。そういうリスクを理解して投資を行なうには投資初心者が行なうには最適な商品とも言えます。

FX取引を行なうにはFX業者に口座口座を開設する必要がありますが、株式などと違い店頭に出向く必要はありません。多くの場合、インターネットから申し込みFX業者から届く書類に必要事項を記入するだけで口座の開設が完了します。口座を開設し口座に入金すると個人個人にIDとパスワードが付与されますので、その情報を指定されたインターネットサイトにアクセスしてログインすれば取引が開始できます。

その際にレバレッジを何倍で取引するか設定できますので、余裕資金と比較してレバレッジを設定し、まずはデモ取引を行なって画面の見方や通過の動きを勉強してみましょう。

ある程度の知識を得てから実際の取引を始めましょう。